NHKきれいの魔法 ウオーキングの6つのポイント

NHKきれいの魔法ウオーキングを特集!NHKきれいの魔法ウオーキング君塚正道さんが正しい歩き方6つのポイントを教えてくれました。日常の歩き方を見なおして、正しい歩き方を身につけましょう。

<正しい歩き方6つのポイントとは?>

ポイント①~腕振りは後ろに引く意識で振りましょう
まずは全身をリラックス。ひじは曲げずに自然に伸ばします。腕を前に振り出すより後ろに引くことを意識しましょう。そうすることでより前に進む力がつきます。


ポイント②~歩幅は肩幅ぐらいがちょうどいい
無理に歩幅を広げないこと。体に負担がかかるし、ももの前側だけに筋肉がつきやすくなってしまいます。


ポイント③~着地する足はまっすぐ前に2軸歩行
ガニ股や内股にならないようにしましょう。コツは2本の線を歩く2軸歩行を意識すること。そうすることにより、足首や膝の負担も軽くなります。


ポイント④~リラックスしてかかとで着地する
かかとで着地したと同時に足の真上に体がのるイメージで歩くと太ももの負担が減ります。また膝が伸びた状態で地面を捉えることで膝の負担も軽減されます。


ポイント⑤~体を支える側の足で自然に立つこと
足の裏で無理に地面をけるのはダメ。膝を伸ばした状態でバランスよく立ちましょう。すると片方の足もスムーズに振り出せます。


ポイント⑥~骨盤周りをひねる
骨盤を意識して軽くひねるように動かしましょう。腹筋には無理に力を入れないこと。腕ふりを意識すると体幹(骨盤周り)がとく動きます。上半身と下半身の動きを連動させてダイナミックに全身で歩きましょう。


最後に正しい歩き方=ウオーキングの効果をより高めるコツをご紹介します。体を上半身(肩、腕、胸、背中、肩甲骨周り)と体幹(脇腹、腹筋、背筋、お尻、骨盤周り)、そして下半身(太もも、ふくらはき、足、足首や膝の関節)の3つのパーツに分けてそれぞれを連動させるよう意識してウオーキングするとより効果が期待できます。

1日5分でもいいので、これらの正しい歩き方のイメージが身につくまで歩いて覚えてみましょう。